月別アーカイブ

09  08  07  05  02  12  11  09  08  07  06  05  04  03  01  12  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  09  08  07  06  05  04  03  02  01  11  10  09  08  07  05  04  03  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  03  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  03  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01 

ブログ内検索

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

裸苗の植え付け

初めて輸入苗(デビットオースチン)の裸苗を植え付けました。


大きなガラス容器に水を入れて植え付けまでつけています。
一日半水に根をつけていたけれど今朝、急に枝が劣化し先の5センチほど裂けたり黒ずんだり、
少々焦ってます。説明書きには1~2日は水につけていれば大丈夫とあったけれど。


少し枝を切りつめて鉢に植え付けた。枝短い...。
品種は、プリンセス・アレキサンドラ・オブ・ケント と、
ウィリアム・シェークスピア2000。
この黒々とした土は、バラクラで販売しているLevingtonのジュラブ用。私にはもったいない土なのですが、
コレを使った鉢植えのバラの状態がいいので、なくなったらリピしたいです。
バラ好きなら知っている、いちばんいいと思い込んでいた?緑の袋入りつぶつぶの土は
単体使用では意外とダメだったんです。(在庫は鉢底土として利用している...。)
Levingtonの土はしっとりして細かい黒土のようなのですが暑く乾きやすい我が家の夏には
合うのかもしれません。

COMMENT

Name
E-mail
URL
Comment
Pass  *
Secret? (管理者にだけ表示)

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

スポンサードリンク