月別アーカイブ

11  10  09  08  07  05  02  12  11  09  08  07  06  05  04  03  01  12  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  09  08  07  06  05  04  03  02  01  11  10  09  08  07  05  04  03  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  03  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  03  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01 

ブログ内検索

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

キックボード坊や

今日はちょっとユニーク?な男の子に遭遇。
駅前スーパーの帰り道、2階のコンコースを歩いていたら、
坊や「すみません!」
振り返ると、小学校1、2年生くらいの男の子がおもちゃっぽいキックボードに乗っている。
少し急いだ感じ。なかなか聞き取れなかったが、かがんでよーく話を訊いてみると

坊や「にんじんどこで買えますか?」
二つのスーパーにほど近いから説明するより
連れて行ってあげようか?と思ったりしていると

坊や「このおつりの200円で、、、」ゴソゴソと不織布のエコバッグ風の袋を探る。
私「おかあさんに頼まれたの?」
坊や「はい」
私「にんじん1本は200円もしないよ~」
坊や「あれ??」
エコバッグに手を入れていたら、底の穴に気が付いたらしい。しかも硬貨なら楽に落ちる大きい穴だ。
私「ここから落ちちゃったのかな?」
坊や「...。」

その直後、猛スピードでキックボードを漕いで去っていった。
私は、帰るだけだったので歩いていくと、
わが家と同じ方向へ走り急ぐ坊やが小さく見えた。

そもそもあんな穴あきのボロ(失礼!)の袋を子供に持たせたのがいけなかったよ!?

恥ずかしくなったのかあまりにあっけなく去ったので、なんだかちっともお役にたてなかったなぁ、と
寂しい気持ちと
坊やはあのあと親に怒られたのだろうか、とか、もっと弱気な子なら
スーパーに付き合ってあげたのに、とか心配したりしながら
歩いて帰った。
ちょっとそそっかしいけれどきっといい子なんだろうな。

COMMENT

Name
E-mail
URL
Comment
Pass  *
Secret? (管理者にだけ表示)

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

スポンサードリンク