月別アーカイブ

09  08  07  05  02  12  11  09  08  07  06  05  04  03  01  12  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  09  08  07  06  05  04  03  02  01  11  10  09  08  07  05  04  03  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  03  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  03  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01 

ブログ内検索

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

文鳥ごまは水浴びを披露したいらしい

0303gomas.jpg
 文鳥ごまは、初めての水浴びは信頼をおいている母(私)にバードバスに入れられて
 驚いてすぐに出たのですが、すぐに水浴び大好き文鳥に成長しました。(当時あまりに慎重なので教えてあげたのですが、
 鳥によっては水浴びきらいになる恐れもありますので
 本当は気長に待つほうがいいのでしょうね。)

冬でも、バードバスを設置しておくと、一日に2~3回浴びます。
まずはバードバスを設置すると飛びつくように降りてきて、浴びるのですが、
その後、私が外出したり部屋にいないときはあまり浴びていない様子。
面白いことに、私の帰宅を確認すると、浴びだすパターンが多いのです。
(これは、私が、水浴びすると喜んで見てくれると思っているのか、
一人(一羽)では心細くて水浴びしないのか?)

そして、彼女は夕方は昼寝?することが多いのですが、
19時頃に起き出すと、まずは餌を食べて、
そうそう、浴びなきゃ!をいう感じでもう一度夜に浴びたりします。
雨戸も閉めて暗いのに(電灯の明るさで十分なのか?)。
何だか、鳥らしいのか、鳥らしからぬ行動なのか、
面白いところです。
浴びすぎで、油っけがなくならない?と思うのですが、
浴びた後は、クチバシでしっぽの付け根の油のツボを触りながら、
羽のお手入れを欠かしません。
ですから、いつも無味無臭のぴかぴか文鳥。
(派手に浴びるので、鮮明な画像が撮れませんが、
よく観ると足が浮きそうです。浮力をこらえて浴びてます。)

人気blogランキングに参加しています。ぽちっと応援お願いします。

COMMENT

Name
E-mail
URL
Comment
Pass  *
Secret? (管理者にだけ表示)

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

スポンサードリンク