月別アーカイブ

10  09  08  07  05  02  12  11  09  08  07  06  05  04  03  01  12  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  09  08  07  06  05  04  03  02  01  11  10  09  08  07  05  04  03  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  03  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  03  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01 

ブログ内検索

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

フランス式?アメリカ式?

20050831182100
涼しくなったので編みものを。~なんて初心者なので久しぶりだと一からなので大変。
パッチワークの小物にニットを組み込もうとしているのですが。
お手本は菊池しほさんの本。5月のNHKおしゃれ工房で、丁寧に
ニットの編み方と仕立て方を放送したのを録画していたのを思い出し、
スロー再生してみた。あれ?なんか、私の編み方と違う。
一目一目、糸を棒針に上から巻きつけて抜くと一目編める。
陣内さんとアナウンサーも「これがアメリカ式なんですね。」と珍しそうな言い方。
でも菊池さんが編むととても速そうだ。あえてアメリカ式にしていることは、
なにかメリットがあるに違いない、と後でネットで検索してみたが、情報が少ない。
どうも、知人や親から教わった人に多い?
私がもっている初心者向けの網図本を数冊確認したが、
全てフランス式(左手も構えてで糸を張って、右手だけで編み進む。
これから編む糸を編んだ穴からひっぱり出して、編んでゆく感じ)であった。
ネット検索結果、
アメリカ式は目が揃う。編み込み模様が編みやすい。速い。
フランス式は糸が割れやすい。速い。
うーん、解からないなぁ。
色々な模様編みをする上級者にはアメリカ式ができると便利なのか?
まぁ、自分が編みやすい方法がいいのでしょうが。
4579109813リネンもニットも好きだから―handmade ZAKKA
菊池 しほ

布こものにニットを少し―handmade ZAKKA のんびり気分で作りたいもの―handmade ZAKKA すてきな知らせが届いたら モノクロームの旅じたく とびきりカワイイを作ろう―handmade ZAKKA

by G-Tools
今日はちょこっと実家に寄ったのだけど、
母にこの話をしたら、「あら、私そのやり方よ。目が揃うし速いよ~。」
でも母はベビー服をかぎ針でほとんど編んでいたらしいので
棒針はあまり経験ないらしい。母に教わっていたら、
私もアメリカ式の編み方になっていたのかも。

結局は、録画をじ~っと見て、アメリカ式でかのこ編みを数段編んでみたが
自分でみてもひどすぎる出来。
左手で糸を張らないので、どこで糸を引き締めるのかコツがつかめなく、
とてもゆるゆるゲージに編めてしまった。
諦めてフランス式に戻してしまい、やっとニット部分数センチが編みあがりました。
完成までまだまだ。
(編み歴は超浅いので努力すればアメリカ式でもできるかも。
絶対アメリカ式の方がいいという持論がありましたら教えてくださいませ)
人気blogランキング。一日一回ぽちっと応援お願いします。

COMMENT

Name
E-mail
URL
Comment
Pass  *
Secret? (管理者にだけ表示)

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

スポンサードリンク